マウス行動遺伝学のホームページ(国立遺伝学研究所)

English page|

マウス開発研究室(小出研究室small logo

ゲノム編集について

研究の過程で対象とする形質に関わっていそうな遺伝子やゲノム領域が見つかってきたとき、その遺伝子やDNA配列を容易に改変することができるようになってきました。私たちの研究室では、ゲノム編集技術の一つであるCRISPR/Cas9を用いて、マウス受精卵で効率的な遺伝子改変やDNA配列多型の導入などを行っています。

当研究室では大学や研究機関、さらには企業などとの共同研究なども幅広く行い、遺伝子変異マウス作製やDNA配列を改変したマウスの作製などを行っています。もし興味のある方は小出 (tkoideアットマークnig.ac.jp) までご連絡ください。

国立遺伝学研究所のホームページ      | | ©2005 小出剛 Last update 2017 April