2017年度 遺伝研 研究会

「マウスとラットで拓く新しい比較実験動物学」

         (NBRPラット後援、NBRP実験動物マウス後援)

日時 2017年12月14日(木)午後1時 〜 15日(金)午後0時30分まで

会場 国立遺伝学研究所内 講堂  (静岡県三島市谷田1111 〒411-8540)アクセス

Two_People

懇親会 14日 18:30〜
 場所:講堂
 懇親会参加費:有職者3000円、学生1000円)

研究会代表者 庫本高志 (京都大学医学研究科)

所内代表者 小出 剛 (遺伝研マウス開発研究室)

マウスとラットは共に実験動物として重要な役割をはたしていますが、これまでそれぞれの動物種で独立して解析をすることが一般的でした。しかし、近年のゲノム編集技術の進歩に伴い、両方の種で同一の遺伝子をノックアウトすることや、同一の変異をノックインすることが可能となってきました。今後、これらの遺伝子変異をもつマウスとラットの表現型を比較することで、多面的なアプローチによる遺伝子機能の理解が期待できます。
 そこでこのたびマウスあるいはラットを用いて研究を進めている先生方と共に研究会を開催することで、両種の比較により遺伝子機能のより深い理解につなげるためのアプローチの開拓や情報交換による更なる研究の推進に繋げたいと考えています。本研究会では、どちらが優れた実験動物かという議論ではなく、あくまで両種の比較によるより深い生命現象の理解に結びつけることを目指しています。

この研究会では、未発表データについてもご紹介頂き深く議論したいと思っております。そのため、参加者は守秘義務を負うことをご了解ください。また、講演中の撮影、録音、また講演で得られた情報のSNS等による発信などはすべて禁止させていただきます。活発なご議論になることを楽しみにしています。

<ポスター発表>
若手の方々のポスター発表を行います。ぜひ積極的に発表して下さい。ポスター発表ご希望の方は後日要旨(タイトル、お名前、ご所属、300文字程度の要旨を記入したWord file)を小出(tkoideアットマークnig.ac.jp)までお送りください。

<旅費・宿泊費支援>
旅費宿泊費の支援は締切りました!

<宿泊>
ご宿泊は三島市内のビジネスホテル等をご利用ください。

参加登録(締切:参加申し込み、ポスター発表申し込み共に12月1日 金曜日)参加登録はこのリンクから行ってください。(Googleアカウントにサインインしないといけない設定になっておりご迷惑をおかけしました。現在は修正しましたのでその必要はありません)


プログラム(仮)

12月14日
13:00 開会の辞
13:05 小出 剛(国立遺伝学研究所)「マウスとラットの行動遺伝学」
13:35 庫本 高志(京都大学医学研究科)「ラットの特性」
14:05 真下 知士(大阪大学)「ラットの遺伝子改変」
14:35 清成 寛(理化学研究所CLST)「マウスの遺伝子改変」
15:05 休憩+ポスター発表
15:30 吉川 欣亮(東京都医学総合研究所)「種差による遺伝様式の差異」
16:00 吉原 亨(京都大学)「マウスとラットの行動」
16:30 坂本 浩隆(岡山大学)「神経解剖学を通したラット研究の新たな展開」
17:00 柳川 右千代(群馬大学)「ラットとマウスを用いた神経科学の進展」
17:30 休憩+ポスター発表
18:30 懇親会
12月15日
9:00 高田 豊行(国立遺伝学研究所)「マウスゲノム解析ツール」
9:30 須山 幹太(九州大学)「ラットゲノム解析ツール」
10:00 木戸 良明(神戸大学)「ヒト2型糖尿病, Kcnq1」
10:30 休憩+ポスター発表
10:50 海老原 健(自治医大)「Leptin, Seipin, PPARgamma」
11:20 大野 民生(名古屋大学)「マウスとラットを使って寄生虫の不思議な特性に触れてみる」
11:50 桝屋 啓志(理化学研究所BRC)「バイオインフォ―マティクスの立場からのマウス・ラット研究の融合」
12:20 閉会の辞 

Copyright (C) 2017 小出剛   Last Update 2017.10   国立遺伝学研究所のホームページ