第1回研究会「動物行動の遺伝学」    Top Page

日時 10月18日(水)13:00 〜 10月19日(木)12:30
場所:静岡県三島市谷田1111 〒411-8540
    国立遺伝学研究所内 研究員宿泊施設セミナー室
研究会代表者 森 裕司
世話人 小出 剛

10月18日(水) 
開会 13:00 ミ 13:05
セッション1 (座長 八木 健)
【1】 山元大輔(早稲田大学・人間科学部)
 「ショウジョウバエの性行動異常突然変異体の解析」
【2】安藤寿康(慶応義塾大学・文学部)
 「心の遺伝構造はどのようになっているか」
【3】有波忠雄(筑波大学・基礎医学系遺伝医学)
 「ヒトの行動・精神疾患に関する遺伝学的アプローチ」
 
セッション2 (座長 山元 大輔)
【4】神庭重信・平野雅巳・塩江邦彦・篠原学(山梨医科大学・精神神経医学講座)
 「性格の遺伝子研究」
【5】石浦章一・周防諭・森田智子・中村雪子・笹川昇(東京大学大学院・総合文化研究科)
 「ドーパミンD4受容体とトランスポーター多型の生理機能の解析」
【6】井上(村山)美穂・新美陽子(岐阜大学・農学部)
 「霊長類とイヌにおける神経伝達物質関連遺伝子の多型」
【7】森裕司・橋爪千恵・増田宏司・桃沢幸秀・菊水健史・武内ゆかり(東京大学大学院・農学生命科学研究科)井上美穂・新美陽子(岐阜大学・農学部)
 「カリフォルニア盲導犬協会を舞台にした行動関連遺伝子の探索」

セッション3 (座長 神庭 重信)
【8】牧野順四郎(筑波大学・心理学系)
 「マウスのオープンフィールド活動性の選択交配」
【9】濱田香世子・八木健(大阪大学・細胞生体工学センター/生理学研究所)
 「哺乳行動とFyn欠損マウス」
【10】八木健・杉野英彦・平山晃斉・濱田俊・先崎浩次(大阪大学・細胞生体工学センター/生理学研究所)
 「行動に関わるゲノム構造の解析」
 
  懇親会 19:00 ミ 21:00 (研究所内 講堂2階)
10月19日(木)
セッション4 (座長 小出 剛)
【11】水尾圭祐・成田年・鈴木勉(星薬科大学・薬品毒性学教室)
 「Morphine依存の薬理遺伝学的解析」
【12】二木宏明(理研・脳科学総合研究センター)
 「ミュータントマウスの行動異常解析:研究方略と留意点」
【13】城石俊彦・和田由美子(理研・ゲノム科学総合研究センター/国立遺伝学研究所)
 「マウス行動に関する突然変異体の開発」

セッション5 (座長 森 裕司)
【14】石川明(名古屋大学・大学院生命農学研究科)
 「QTL解析の基礎と実践:マウスの成長解析を例として」
【15】鈴木亨・石川明・吉村崇・海老原史樹文 (名古屋大学・大学院生命農学研究科)
 「マウスにおける概日リズムの遺伝解析」
【16】小出剛・古瀬民生(国立遺伝学研究所・哺乳動物遺伝研究室)
 「野生由来マウス系統を用いた行動遺伝学」


Copyright (C) 2005 小出剛   Last Update 2005.4   国立遺伝学研究所のホームページ